地道な活動

こんにちは、工場です。

友人に「競輪選手って見たことも会ったこともないけど、どこにいるの?」と聞かれました。

まぁ常に勝負服を着ている訳ではないので、そこらですれ違っても気がつかないのでしょうが、競輪場以外で見る機会はあまりないかもしれません。

熱心なファンですと「入り待ち」とか「出待ち」とかして、競輪場の前で待ち伏せをしていらっしゃいます。(部外者は中には入れません)

私が出入りしていたり、中で選手と話をしていますと「何このオバサン!」という怖い空気と視線が突き刺さります。確かに私の職業を知らなければ、選手の身体をさわったり近づいたりしているのは、ファンには耐えられないでしょう。

そんな競輪競走以外でも、選手が参加しているイベントはそこそこあります。

愛好会や走行会はもちろんのこと、地元のお祭りなどはその代表ではないでしょうか。

1526876362168 これは岡山のイベントの様子です。

岡山県玉野市の「たまの港フェスティバル」というお祭りですが、岡山の選手会がブースを出しています。こうしてみるとやっぱりブロの脚はすごい存在感です。

1526886052012 ちょっとこの女性は苦しそうですね。

体験するのは時速なのかケイデンスなのかわかりませんが、一般の人にとってピストは異次元な乗り物のはず。それにまたがるだけでも面白いのではないでしょうか。

1526886020132 2日間で300人も体験したそうです。

どこの県でもこうした活動はありまして、特に岡山の選手会は、地元の清掃活動などもしていますし、けっこう地味に地元に貢献しています。

そうした姿よりもギャンブルの側面ばかり見られがちですが、各県の競輪場のホームページをのぞくと面白いイベントを発見できるかもしれません。

でも個人的には、賭け事をしなくても競輪場で彼らの雄姿をご覧いただきたいです。もし女性などで競輪場に行くことに抵抗があるようでしたら、ついていってあげますから(笑)

金ピカ再び

こんにちは、工場です。

知人と待ち合わせをし、時間まで少しありましたので街中をブラブラとしていましたら、何やら最近の京都はすごいことになっていました。

DSC_2961 「金箔ソフト」だそうです。

インスタ映えとか騒いでる昨今、何もかも見た目勝負ですね。溶けない金だけに、翌日は金箔なフンが排出されるのでしょうか…。

さて競輪フレームも、今までは地味なカラーリングやツヤ消しというマットな塗装が多かったのですが、最近少しハデ路線になってきました。

DSC_2949 これはスタンダードな金文字です。

ミラーゴールドと呼ばれるものですが、やはり全体に高級感が出ますよね。

トップチューブには、この選手の座右の銘である「落ち着いていこうね」という言葉がスペイン語で書かれていますが、銀ラメも吹かれたこのフレームのピカピカ具合で「落ち着け」というのもなかなか難しそうです。

DSC_2948 ヘッドチューブのみ黒です。

個人的には黒×金と赤×金が、一番映える組み合わせのような気がします。

昔は何となく敬遠していたミラーゴールドですが、最近はなんだか好きになってきました。いよいよわたしも「関西のおばちゃん」になってきたんですかね。

ロウ付けと虫さされ

こんにちは、工場です。

ゴールデンウィークが終わり、いよいよ地獄の夏に向かって一直線です。

時々行くインド料理屋さんのインド人のスタッフが、「京都の夏はしんどい」とおっしゃっていたので、京都の夏はインド人もびっくりな暑さなのです。

そんなしんどい夏、工場の裏は畑と川なので、とにかく蚊が多いです。

もちろん窓は閉めていますが、どこからともなく侵入してきます。今年も早くも始まりました。

工場には私とH君しかおりません。血液型は二人ともO型のイコールコンディション。より二酸化炭素や汗を出した方が蚊の餌食となります。

おばちゃんの私より、若者であるH君が餌食となることが多いですが、汗だくになるヤスリがけや火を使うロウ付けをしていると形勢が一気に逆転します。

特にロウ付けは二酸化炭素に包まれ、さらに蚊の好きな温度帯になるのでしょうか、蚊取り線香をかいくぐった猛者たちが数多く攻めてきます。

温度管理が重要なロウ付け、一度始めたら絶対やめられません。

視界に蚊が入ってこようが刺されようが、それらを無視してもだえながらも最後まで冷静にいかなければなりません。

「ロウ付けで一番難しいことってなんですか?」と、時々お客さんなどに聞かれますと「温度管理と手際ですね~」などと答えておりますが、心の中では「虫に刺されないようにすること!」と思っております。

DSC_2971

ミキスト続報

こんにちは、工場です。

「前半」も実感がないまま、ゴールデンウィーク「後半」になりました。

さて、ミキストが小物もつけてできあがりました。

DSC_2955 乗り物はやはり左ナナメ後ろからがイイです。

DSC_2956 お、でもこっちもいいね!

自画自賛です。ってこれを作業したのはH君ですが。腕があがったなぁ~。

DSC_2957 この眺め。他の車種では味わえません。

さてこれを仕上げて組み付けて…と思いましたが、オーダーのビッグウェーブが来てしまいまして、ちょっとのまれそうでミキストどころではなくなってしまいました。

先日競輪場にいきましたら、びっくりするほどモテモテでした。職人としては求めてくださる方がいるというのは本当に嬉しい限りです。

以前、私の独身の友人が「いいよね~。競輪場行けば一気に100人の男性がいるんでしょ?」と言い放ちましたが、お見合い会場ではないので…。

それは銀行員に「いいよね~。出勤すると10億ぐらいあるんでしょ?」と言っているのと同じです。

とにかくオーダー主の方々の期待に応えるべく、ミキスト作業は少しお休みします。

あ、ミキストのオーダーはお受けしますよ!

でっかくいこうぜ

こんにちは、工場です。

世間はゴールデンウィークが始まったようですね。はい、いつもながら無縁です。

今年はカレンダーのならびが良いようで、9連休などという方も多いそうですね。そんな方々が海外へ次々出発する中、私へ持ち込まれたものはというと…

DSC_2885 なつかしのユーラシアです。

同じ海外でもこちらは片手に収まります。まだまだ海外旅行が今ほどメジャーではなかった時代、「ユーラシア」の響きはやはり壮大な感じがしたことでしょう。

さて、芯だしをしていますと、大きいのはネーミングだけではないことを発見。

DSC_2895 サビでちょっと見えにくいでしょうか。

ヘッドチューブにトップチューブとダウンチューブがそのままグサッ!と。

通常は、筒状のただのパイプであるヘッドチューブに作業穴だけ空けて、あとはラグもありますしクローズなのです。

DSC_0726 このように。

右にある小さい穴がおわかりになりますでしょうか。普通これだけです。

フレーム剛性に大きく関わるヘッドチューブ。でもそんなことは気にしない大らかさを醸し出しています。さすがユーラシアというネーミング通りです。

競輪をやっていますと、数グラム、厚さ紙1枚の誤差に神経質になりますが、フレームとはこのようになんとかなってしまうものです。なんて言ったら怒られるでしょうね~。

ま、天気も良いことですし、お休みの人もお仕事の人も、でっかくいきましょう!

ガチ★星

こんにちは、工場です。

工場の若者H君が「競輪の映画やるらしいっすよ。」と言うので、半信半疑で調べてみましたら…ありました。

http://gachiboshi.jp/

こちらに。タイトルが「ガチ星」らしいです。

不倫と借金とギャンブルにまみれた主人公が、人生の再起をかけて選手になる、というストーリーのようです。

なぜ!そうなるの!…なぜ!

あんなにすごいスポーツなのに、いつまでもその地位が低いのは、競輪には結局こうしたイメージが強いからです。予告ムービーを見ましたが、もうその通りの感じでした。

とはいえ、やはり気になります。京都には来るかなぁ~。ガンウェルのフレーム映るかなぁ~。

DSC_2848

嗚呼、青春のワンゲル。

こんにちは、工場です。

なんでしょう、この季節はずれの暑さは。おかげで少し朦朧とします。そんな中このような車両が持ち込まれまして、一瞬タイムスリップでもしたかと思いました。

DSC_2936 昔、城東輪業さんが販売していたものです。

その名も「ワンダーフォーゲル号」。この単語に昭和を感じるのは私だけでしょうか。

純情で清く正しい男女が集うような絵柄が勝手に浮かびます。私が関わっていないだけで、今でもボーイスカウトとかワンダーフォーゲル部とかは活動しているのでしょうが、なんか昭和な感じがします。

さてそのワンダーフォーゲル号は、1960年代から結構長い間販売されていたのですが、これは間違いなく古い方のものです。

DSC_2933 年代を見る時はエンドが大きな手がかりとなります。

うっすら見えるユーコーの刻印のエンド、古いですね~。

DSC_2935 そしてこのワンダーフォーゲルのデカール。

字体もかすれ具合も、昭和は遠くなりにけり、というノスタルジーな香りがします。

ご興味のある方は http://cyclotourist.web.fc2.com/special_86.html こちらにカタログを載せている方がいらっしゃいますので、どうぞ。

ちなみにキャッチコピーがなかなか衝撃的ですので、そこだけご紹介を。

DSC_2942 はい、1行目「アカ抜けがしている。」です。

すごい自信です。2行目の「あなたがごらんになつてお判りでしよう。」と。アカ抜けしていると感じられないアナタはセンスがないんです!という強気な姿勢が感じられます。

私も「異次元のスピード」とか「センスの集大成」とか言い切って、それが感じられないのはアナタが悪いということで片付けたいです。

こうしたカタログも昭和ですよね。今は禁止語句など表現方法にうるさい時代ですから。

4行目の「同じような車が沢山あるなかで、やはりどこかずば抜けているのです。」なんて言ったら先輩たちから怒られます。とても言ってみたいですけど(笑)。

そうして見るとこのクラウンも3行目にあるように「どこかアカ抜けしている」ような。

DSC_2940 ね?

お会いしたこともない職人が、隣で「ほら、すげえだろ?」というような声が聞こえそうなこうした車両が時々持ち込まれるので、この仕事はやめられないのです。

 

車種のイメージ

こんにちは、工場です。

季節はずれの暑さのせいで、桜に続きハナミズキやらツツジやら藤やらが一斉に咲きだして、取り巻く空気がいつもの春より勢いがある気がします。

そんな春の勢いに負けじと、いつもの車種とは違うものを作っております。

DSC_2766 この細く長いパイプは…

そうですミキストです。少し古い自転車の知識がある方なら、ミキスト=婦人車というイメージかもしれません。

ホリゾンタルの自転車をガバッとまたぐのではなく、この低く設計された細いセンターのチューブを楚々?とまたがることが、より女性らしさのイメージをつけたのでしょうか。

DSC_2767 片側で1メートル近く使います。

時は流れ、様々な自転車が出てきている昨今、このフォルムを見てすぐに「婦人車」とイメージする方も減ってきました。そもそも今時「婦人車」などと言ったら「ママチャリ?」と言われそうです。

そんな確固たるイメージ像が弱くなったミキストを現代風?に味付けしなおそうかとただいま格闘しております。

DSC_2771 これがミキストのラグです。

なんか作業穴を開けたらミニオンズみたいな表情でカワイイです。いつも勝負モードのピストばかりなので、癒される思いです。

またここで随時お知らせしていこうと思いますので、ご興味ある方は引き続きご覧ください。

ネスカフェアンバサダ~♪

こんにちは、工場です。

工場の作業というのは、対人ではないので「休憩」とか「終了」と区切らなければ永遠に作業をしてしまいます。

夢中になってついついやってしまいますと、いつの間にか集中力が低下していて思わぬ事故にもつながりますし、一応時間を区切って少し休んでいます。

そんな時に飲む飲み物を少しグレードアップしたいね、ということになりこの度ネスカフェに申し込みをしました。テレビのCMでおなじみのアレです。

マシーンは無料なので、あれもこれもお願いしましたらこんな状態に…。

DSC_2902 まるでドリンクバーです。

コーヒーカプセルやティーカプセルを購入すればいいという、ゆるい縛りしかありません。

これでリフレッシュをして良い仕事へとつなげていきます!

The 競輪。

こんにちは 工場です。

オーダーフレームは時として寸法よりも塗装内容に相談時間を割くことがあります。

特に選手などは「前回と同じ寸法ね」と、ジオメトリーに関しては3秒で終わってしまうのに、塗装内容は何時間もかかることは少なくありません。

今回のフレームも塗装内容が濃かったです。

DSC_2852 ピナレロのあるモデルを模したのですが…

なんかもうThe・競輪です。

DSC_2848 keirin

フロントフォークなんて競輪のパンツそのもののような…。ちなみにパンツは左がS級で右がA級です。

DSC_2846 こんな細いパイプなのにしっかり塗り分けられています。

DSC_2845 ナナメから見るとこんな感じです。

キレイですよね。シートステーにも星7つ。ミシュランの最高評価をはるかに超える数です。

ダウンチューブとチェーンステーには、「岩井商会」をローマ字にした筆記体です。この角度から見たらganwellとは思えません。検車から「どこのメーカーかわかりづらいからやめてよ。」と注意を受けそうです。でもこれがご本人のご希望でしたので…。

DSC_2850 ここも珍しい切り方です。

普通はパイプとラグを違う色にしても、ヘッドチューブの途中で色を変えることはあまりすることはありません。これは元ネタ通りです。

このフレームが気分を盛り上げて、良い成績に導けますように。

え?ビルダーのくせに塗装頼みなのかって?いえいえ、フレームにはそもそも自信があるから言えるんです。なんちゃって~。