寸法の話⑦ 最終回

こんにちは、工場です。

大阪の富田林から逃走した犯人が山口県で捕まったとか。クロスバイクで大阪→愛媛→山口と、その距離を移動したことに、不謹慎ながら「やるなぁ」と感心しました。

犯人は身長163センチと男性としては小柄です。ですが自転車の画像を確認する限りでは、見当はずれのフレームサイズではありません。盗難車でよくこんなぴったりしたものを…と、思いました。

あれがロードバイクでしたらもう少しサイズがシビアになるので、クロスバイクは正解だったのでしょう。まぁ盗んだものに正解も何もありませんが。

さて、最終回はフレームサイズです。ここまで闇雲に書いていたわけではなく、実は私がフレームを作る時に考える考え方として、一応順を追っていました。

骨格的にどうしようもない骨盤角度や腕の長さなどは最初に決め、筋肉量にあわせて他を決め、という具合の流れです。

股下もどうにもならない骨格の部分ですが、1ミリ単位でこだわるプロをのぞき、割りと大雑把に考えても良いと私は思っています。いや、プロでも1ミリ単位でこだわらない人もいます。

実際、既製品ですとかなり幅があるものも多いです。ハンガー下がりの5ミリ違いはかなり大きいですが、それと比べてシートチューブの5ミリの差なんて、誤解を恐れずに言えば大したことはないです。

以前私は、出勤時と帰宅時でサドル高を3ミリ変えていました。仕事帰りにはむくむので、出勤時と同じサドルの高さでは違和感があるのです。でももちろんフレームを変えたりしているのではなく、同じ自転車の話です。

そのように多少でしたらサドルの調整で何とかなってしまうのです。

股下の測り方はネットなどにたくさん出ていますのでここでは割愛しますが、その数字は他の部分を考えるときに活用する数字、という程度で良いと思います。

それよりも気になるのは、世の中のかなり多くの人がサドルを上げすぎだということです。ペダルが一番下にきたときに脚が伸びきってしまって、かかとを下げられないほどでしたらサドルの高さを見直すべきでしょう。

フレームサイズが合っていても、そうした乗り方では腰やヒザを悪くしてしまいます。

最終回は随分とゆるい内容に思われるかもしれませんが、自転車は最初から細かい数字を追ってばかりより、まずはだいたいのところで乗ってみる、そしてスキルをあげることが本当の「フレームサイズ」に近づく道だと感じています。

そして迷ったときには、専門家に聞いてください。

富田林から400キロも走ったあの犯人は、あの自転車を見る限り、究極の環境の中で誰にも教わらなくても速く遠くに走れるジャストサイズを探れていたのかもしれません。

チャンスはないでしょうが、是非聞いてみたいですね。

DSC_2568

こちら現場です

こんにちは、工場です。

向日町記念競走の決勝は、目まぐるしい主導権争いの中、地元京都のワンツーで無事幕を閉じました。

イベント会場となりました客席の岩井商会のブースにも、足を止めてくださった一般の方が数多く、検車とはまったく違った体験に新鮮な思いがしました。

DSC_3352 奥に見えるのは、京都の小谷選手と畑段選手です。

彼らも違うイベントに出ていました。

DSC_3373 スタート地点。こちらから見る走路は新鮮ですね~。

というか、開催中にこちらにいるのは初めてです。いつもは正面に見えるあの建物の中にいるのですが。

DSC_3365 選手が発送台につきました。

お客さんがどんどん集まり、応援というかヤジもすごいです。このレースにはガンウェルユーザーの選手もいますので、私もみんなに混じって「おい、お前、わかっとるんやろうなぁ~!」と、言いたいところですが、心の中だけにしましょう。

オジサンたちのヤジは、なかなか秀逸なものが多く、思わず笑ってしまします。このレースを観ていたのが私のトークイベントの後でしたので、この後私に気づいた方たちに、選手のフレームについて結構質問攻めにあいました…。

DSC_3363 場内の高級レストラン街です(笑)

やはりここは「大穴亭」ですかね。ちなみ向日町競輪場の名物はホルモンうどんです。

この場末感とタバコとお酒の臭い、ハズレ車券の山、タイヤの音、観客の歓声とヤジ、やっぱり競輪場は戦後の闇市みたいなカオス的雰囲気があって、なんとも不思議な魅力があります。

現場からは以上です。

 

 

鳴くよウグイス平安賞

こんにちは、工場です。

今日から向日町競輪場で平安賞が開催されます。このタイトルは私が考えたものではなく、正式なキャッチフレーズです。

車券をはずしまくって「泣くよ」になりませんように…。

DSC_3351

いつもは検車場といって、選手がいる内部にいるのですが、今回はなんと外のイベントスペースにおります!

予想屋北島!…ではなく、岩井商会の宣伝とトークイベントに参加のため、23日はずっと外におります。

いらっしゃった方には、レースの見どころとどの選手が買い目かコッソリお教えしましょう!

あれ?やっぱり予想屋…? はずれても責任は負いかねます。

とにかく50円という入場料で、日本のトップクラスの走りが見られるなんてそうありません。明日は天気も良いようですし、競輪場に行きましょう!

競輪場内のB級グルメもおいしいですよ。

棚卸しとH君の復活

こんにちは、工場です。

今日19日と明日20日は、岩井商会全体の棚卸しです。店を閉めてスタッフ総出で作業です。

そんな時にのんきにブログなんて袋叩きにされそうですが、ちょっと休ませてください…。

なにせこの量と種類…

DSC_3336 DSC_3337 気が遠くなります。

工場のアイテムは商品名が書いてあるわけではありませんので、正直この仕事をしていないと何が何だかわかりません。お手伝いとして誰かを頼ることはできないのです。

そんな中でも一筋の光が!

DSC_3335 今日からH君の復活です!

あ、個人情報保護?のためH君などと言っていましたが、この画像を出すことでまるで意味がなくなりました。まぁ、いいか。人の目を忍んで働いているわけでもないですし。

松葉杖をつきながらのまだぎこちない動きで、とても100%とはいえませんが、ともかく安堵感でいっぱいです。

あ~2ヶ月長かったです!

ご注文をくださった方々には本当にご迷惑をおかけしました。さあ、エンジン全開…とはいきませんが頑張ります!

さて、棚卸し作業に戻りますか…。

寸法の話⑥

こんにちは、工場です。

前回のフロントセンターを引き継ぎつつ、今回はオフセットとトレールについてです。

ではさっそく、あるメーカーの寸法表です。

DSC_3333 「F]の箇所がオフセットです。

前回チラッとご説明したように、みごと同じ数字がならんでいます。一般的には、オフセットはピスト→ロード→ツーリングの順で数字が大きくなります。

メーカーが出している数字は、その車種の平均値にそのメーカー独自の考えを投影したものでしょうが、オーダーフレームの作り手としては、すべて同じ数字がならぶのは、やはり違和感がある部分です。

このオフセット、数字が大きければ安定するという訳ではありません。そこにはトレールという直進安定性を示す数字が深く関わります。

オフセットが25でトレールが65の自転車と、オフセットが60でトレールが45の自転車でしたら、走る条件にもよりますが、前者の方が安定性を感じられるのではないでしょうか。

○○だから△△と単純にはいかず、フレームを考える上でも難しい部分です。

平成7年にNJS(現JKA)より配られた冊子に、このような箇所が。

DSC_3334 競輪車両についてです。

今から23年前ですので現状は少し違いますが、これを見てもわかるように、なかなか範囲が広く、今までのどの部分よりも正解が見えません。

競輪では、コーナーの入りはうまくいくけど出る時に内側をしめられない…とか、微妙な修正に私はこのオフセットやトレールをいじります。その人のもう少しだけこうしたい、に応えるのがこのオフセット・トレール・フロントセンターであることが多いです。

ちなみに先ほど出したオフセット60でトレール45というのは、あるツーリング車の数字です。最近はロードレーサーに荷物を載せてツーリングする方もいらっしゃるので、いつの間にかリヤに荷物を積むことがメジャーになっていますが、本来積載の基本はフロントです。

そう、トレール45という不安定な(よく言えばキレがいい)数字は、重い荷物をフロントに載せることを見越しての数字なんですね。

そうしたフレーム特性を知らずに、リヤに荷物を載せればふらふらして進めたものではありません。一見同じように見えるフレームでも、このように数字にそれぞれ明確な特性があります。

私はよく「多目的フレームが嫌い」と言っています。それはせっかくの自転車という繊細な乗り物を大味にしてしまう数字しか出せず、とてもつまらなくしてしまうからです。(とは言いましても、現実にはそんなに多くの自転車を所有するのは難しいですが…)

今の自転車がふわふわするな、と感じたら、次のフレームはトレールを大きくすると解消することが多いです。

トレールは、今よりもヘッド角を寝かせる/シート角を立てる/フロントセンターを短くする/トップチューブを伸ばすのどれかをすれば大きくなります。もちろんミックスしてもいいです。

例えばフロントセンター575でトレール58なら、570にすれば63になります。

逆にモタモタとキレが悪いようでしたら、上の逆をすればいいのです。実際にはそんな単純ではありませんが、考え方のひとつとして覚えておくと便利です。

ちなみに私のバイク、ホンダVTRのトレールは92です。バイクが直進安定性に優れ、倒れにくいのには理由があるんですね。

さて次回は最終回。フレームサイズについてです。本当はこれが最初に来なければならないのかもしれませんが(笑)

寸法の話⑤

こんにちは、工場です。

寸法の話も回を重ねていますが、少しはお役に立てていますでしょうか?

今回はフロントセンター、競輪では「前半」という人が多いですね。そこについてです。

ある選手が、頑なにフロントセンターの数字を変えようとしませんでした。

その理由を聞いてみますと…

「だって、フロントセンターは身長プラス400が一番いい数字なんですよね?」

とのお返事。

身長が175センチなら400足して575ミリが最適数字、ということらしいです。

うーん…。確かに否定はしません。私も初めて作る選手ですと、ぶっちゃけその考えをベースにして伸ばしたり短くしたりすることもあります。(ピストの話です)

ですが「絶対最適」ということはないかと思います。

前回の例として挙げた選手は、身長165センチですが彼の前半はというと…

DSC_3318 これですから…。

 

ところで、「つるし」といわれる既製品とオーダーフレームの大きな違いとは何でしょうか?

私は決定的な違いはフロントフォークだと思っています。例えば既製品フレームのSサイズとMサイズでは、パイプの長さはもちろん角度も違うのに、オフセットは両サイズとも45とか50とか同じであることが多いです。

時々フォークの実物大「型紙」を持ってくる選手がいます。「この曲がりの脚でオフセット36で」などと言われます。私は選手により、曲げ方や切り位置はすべて変えています。競輪にとって、それほどフロントフォークは重要なのです。

ですが、既製品はそんなに色々な種類を作っていては、コストがかかります。ですからフォークは1~3種類ですべてのサイズをカバーします。そうしますと、そこから逆算してのフロントセンターや角度となります。

すると時には、フレームサイズが大きい方がフロントセンターが短い、などという「逆転」も起きます。

フォークの自由度があればフロントセンターの選択が拡がり、角度まで意識がいくのです。ですが、まずオフセットが固定されてしまうと他の自由度も下がり、結果的にメーカーが違えど似たり寄ったりの寸法になるのです。

入門モデルで、どのメーカーが良いか友人に尋ねられた時、私が乱暴に「別に自転車なんて好きな色で選んだら?」などとイジワルく言うのは、オフセットが同じようなことによるメーカー寸法の無個性を思うからです。(お客さんには、もちろん丁寧に説明します!)

例えば最初に乗られた自転車が、もったりするなぁ~と感じたら、その次はそれを解消してくれそうなフロントセンターとトレールを選べば良いかと思います。

フレームにおいて、他の寸法が骨格や筋肉量で決まっていくのに対し、フロントセンターは、上記の選手のように他の要素が決定して初めて「正解」が導かれる数字です。

では次回は、それに関わりが大きいオフセットとトレールの話です。

寸法の話④

こんにちは、工場です。

今年の次々と日本を襲う災害は、本当に憂うものばかりです。京都の台風を気遣ってくれた函館の私の友人が、今は停電の中で余震と戦っています。

お店も、裏の電柱は折れるし屋根はひしゃげるしと、被害が出ました。

DSC_3315 あららら…。

そんな時に不謹慎!などと言われそうですが、憂いてばかりいても仕方ありません。次に向かってアクションです。

ということで、ヘッド角のお話にいきましょう。

昔ある先輩ビルダーに「女性のフレームを作る時に気を遣うことは?」と、尋ねたところ、

「女なんてさ~筋肉ないんだしさ~、シート角立ててヘッド角寝かしてトップチューブ短くしときゃーいーんだよ」

と、言われました。かなり雑な回答に当時はちょっとムッときましたが、まぁ確かに一理ありますね。

いわゆるママチャリと呼ばれる一般車を見れば、確かにヘッドは寝ていますね。ヘッドは立てるほど筋肉が必要となります。

手元にありますブリジストンのスポーツ車寸法一覧表で見ますと、70.5~73.5度で収まっています。よりレーシーな競輪の世界ですと74~75度が最多な層という感触です。

さて、ではこちらの選手はどうでしょう?

DSC_3318 ちょっと古いですが。

今はこうした寸法は「違反フレーム」扱いなので、古いものを出してきました。

なぜ「違反」なのか? 答えは簡単です。危ないからです。左のフレームのヘッド角は75.5度、右にいたりましては76度です。

正直プロでも、75度を超えてきますと特殊な感じがします。75.5度以上になりますと、車体を抑えきれずに落車する確率がぐっと上がります。それなりの筋肉と乗り方が必要となるのです。

ましてやこのフレームは、ハンガー下がりもかなりな数字ですし、シート角も立っています。不安定なことこの上なし、です。

余談ですが、海外選手ですとヘッド角を立ててシート角を寝かせるという人が結構います。ヘッド角は75度で、シート角は73度とか。日本の「常識」とは逆の数字です。やはり彼らの筋肉量と体格ゆえに可能なことでしょう。

一般的に「女性用」フレームといって販売されているフレームは、だいたいヘッド角が寝ていて、ハンガー下がりが上がっているものが多いです。

前述の私の先輩ビルダーが言った言葉通りのフレームです。もしより楽チンな自転車をお探しでしたら、男性でも女性用に乗られたら良いと思います。(寸法ではなく、素材の違いで差別化をしているものもあるので、必ずしも女性用=寝ているではありませんが)

逆に走りに自信が出てこられた女性なら、女性用では物足りなく感じるものもありますので、ヘッド角、シート角、ハンガー下がりに気をつけて選んでくださいね。

さて、次回はフロントセンターです。

京都、ハンパないって!

こんにちは、工場です。

えー、外は台風です。この年になるとほとんどの事は体験済みなのですが、ちょっとこれほどスゴイのは初めてです。さすがに怖いです。

何かが飛んできて、工場のシャッターにバンバン当たっています。その度にビビッております。ご近所の京都銀行のATMでも飛んで来るなら嬉しいのですが。

停電にはなるわ、サイレンを鳴らした車両が走っているわ、怖いことこの上なしです。

DSC_3311 紙にご注目を。

工場は全ての窓やドアを締め切り、完全な戸締りをしていますのに、隙間風ではり紙がこんなになっていることが強風の程度を現しているかと。

空気の動きを嫌うロウ付け、こんな状況ではとてもできません。

皆さまのご無事をお祈りしています。どうぞお気をつけくださいね。

平安賞

こんにちは、工場です。

文章量の多い寸法の話が続きましたので、ここらで少し一息入れましょうか。

競輪のGⅢレースには、各競輪場の開設○周年記念という、競輪場のお誕生日みたいなものがあります。

京都向日町競輪場のお誕生日は9月です。そう、今月です! 競輪場もいつも以上にイベントに力を入れます。先日こんなポスターが配られました。

DSC_3316 何やらいろいろと催されるようです。

「女性とスポーツの力でまちを元気に」ですか…。知らないうちにかなりなミッションを与えられてしまいました。

DSC_3315 岩井商会も協賛企業です。

あいうえお順とはいえ、イチバンに名前が出るのはいい感じですね。

DSC_3314 こんなうちわも。

「そうだ 競輪場へ 行こう」 うーん、どこかで聞いたようなキャッチコピーですね…。炎上しないですかね…。

お誕生会だけあって、走るメンバーも豪華ですよ!考えて考えて考えぬいたフレームにみんなまたがっています。

観覧スペースと走路はフェンス1枚の至近距離です。

スタートラインについた時に「あ、あの選手身長の割りに短いトップチューブだな」とか、「けっこう立ってるフレームだな」というのがよくわかります。

今回私は検車場だけではなく、外のイベントブースにもいるかもしれませんので、みなさま

「競輪場で会いましょう!」

寸法の話③

こんにちは、工場です。

今日で8月も終わりですね。この猛暑ともこれでサヨナラしたいです…。

さてハンガー下がりでしたね。最近はBBハイトなる表記もありますが、こちらはタイヤによって数値が変わってしまいますし、正直好きではありません。やはり「ハンガー下がり」でしょう。

ではさっそくですが、ある選手の寸法表を見てみましょう。前回の選手とはうってかわりまして、ハンガー下がり以外の数字は、すべて一緒です。

DSC_3307 ごちゃごちゃしていますが…。

この選手のフレームは、もう10年近くこの画像以外にも何台も作っていますが、パイプの種類とハンガー下がり以外の数字はずっと同じです。

最小で45、最大で62です。一般的にはロードレーサーですと70前後が多いですね。ピストは60を基準として、そこから上げるか下げるかとする方が多いように感じます。

もちろん物理的に、上げれば上げるほど重心が高くなりますので、出足(こぎだし)が楽な分、不安定にもなります。逆に下げれば出足は重いですが、安定しているのでスピードに乗せやすいです。

よく選手は「出足が軽くて、最後の伸びも欲しい」と言います。はい、わかります。

ですが厳密に言いますと、この2つの両立はフレームだけではなかなか難しいです。(パーツの工夫次第ではまぁまぁ解消できます)

人魚姫に、足がほしかったら声を奪うよ、というイジワルな魔法使いのように、出足がほしかったら最終の伸びはキツイよ、または、最終の伸びがほしかったら出足は重いよ、ということになります。

ペダリングに自信がない方は、下げた方がいいかと思います。上がった重心では、不安定になり、ペダリングの勢いで車体をウィップさせてしまい推進力へのロスが大きいからです。

ちなみに自分で作った私の通勤車は、ロードレーサーですがハンガー55にしました。信号が多く、ストップ・ゴーが繰り返されるので出足重視です。

ですが、重心が上がったそのふわふわを少しでも解消するため、トレールは70近くとり、少しでも直進安定性を取りました。

既製車ですと、ハンガー下がりから選ぶということは難しいかと思いますが、フレームの性格を表現する「味付け」としてとても大きな部分なんです。

身体に合ったシート角、適正なトップチューブ長ができたら、自分の好みに合うハンガー下がりを探ってみましょう。

だから選手は1㎜単位でこだわるんですよね。

さて、次回はヘッド角(キャスター角)です。