選手は「集合」がお好き

こんにちは、工場です。

1月というのはバタバタしておりますと、あっという間に時間が流れてしまいますね。

子供のころ私が想像していました大人というのは、もっと静かでどっしりと人生を楽しむようなイメージでしたが、いつまでたっても立ち食いソバのようなせわしなさです。

さて、競輪独特の表現でしょうが、オーダー時に選手がよく言うのが「当たられた時に飛ばずにどっしりできるフレーム」というものです。

競輪は時として「格闘技」と表されるように、身体のぶつかりあいもレースの迫力を生んでいる原因のひとつです。

ですが当たられて飛ばされることは最大のロス。そこで勝負は決まってしまいます。

ハンドルを握って前傾に構えていますので、前の方は当たられてもそんなに飛ばされることは少ないのですが、後ろはつるっといってしまいがちです。

だからといってフレームを重くするのは走りに影響が出ます。そこでバックステーを硬くするのです。

具体的には「集合」と呼ばれる工作をします。

DSC_3859 こんな感じです。おなじみの「ササの葉」ではありません。

DSC_3860 横から見ますとこうです。

実はレギュレーションで、上パイプの下(ボトム)の部分より集合の接続部を下げてはいけない、というものがありますので、ガンガン下げてしまえ!というワケにはいきません。

実はこのパイプのすり合わせ作業、機械ではなくラグのアールに合わせてH君が手作業で削っているのです。はっきり言いましてまぁまぁ大変です。

DSC_3849 でもピッタリ作ってくれています。

フラックスで見づらいかもしれませんが、機械のようにキレイです。このように隙間なくキレイに削ってくれますと、入れるロウも最小限で済みますのでフレームのダメージも少ないです。

DSC_3861 このようにロウは周囲に見える金色部分だけです。

フレームの向こうで作業しているのがH君です。真冬だというのに半そでです。それだけ一生懸命作業をした証がこれですから、選手も良い走りをしてくれるのではないでしょうか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です