寸法の話④

こんにちは、工場です。

今年の次々と日本を襲う災害は、本当に憂うものばかりです。京都の台風を気遣ってくれた函館の私の友人が、今は停電の中で余震と戦っています。

お店も、裏の電柱は折れるし屋根はひしゃげるしと、被害が出ました。

DSC_3315 あららら…。

そんな時に不謹慎!などと言われそうですが、憂いてばかりいても仕方ありません。次に向かってアクションです。

ということで、ヘッド角のお話にいきましょう。

昔ある先輩ビルダーに「女性のフレームを作る時に気を遣うことは?」と、尋ねたところ、

「女なんてさ~筋肉ないんだしさ~、シート角立ててヘッド角寝かしてトップチューブ短くしときゃーいーんだよ」

と、言われました。かなり雑な回答に当時はちょっとムッときましたが、まぁ確かに一理ありますね。

いわゆるママチャリと呼ばれる一般車を見れば、確かにヘッドは寝ていますね。ヘッドは立てるほど筋肉が必要となります。

手元にありますブリジストンのスポーツ車寸法一覧表で見ますと、70.5~73.5度で収まっています。よりレーシーな競輪の世界ですと74~75度が最多な層という感触です。

さて、ではこちらの選手はどうでしょう?

DSC_3318 ちょっと古いですが。

今はこうした寸法は「違反フレーム」扱いなので、古いものを出してきました。

なぜ「違反」なのか? 答えは簡単です。危ないからです。左のフレームのヘッド角は75.5度、右にいたりましては76度です。

正直プロでも、75度を超えてきますと特殊な感じがします。75.5度以上になりますと、車体を抑えきれずに落車する確率がぐっと上がります。それなりの筋肉と乗り方が必要となるのです。

ましてやこのフレームは、ハンガー下がりもかなりな数字ですし、シート角も立っています。不安定なことこの上なし、です。

余談ですが、海外選手ですとヘッド角を立ててシート角を寝かせるという人が結構います。ヘッド角は75度で、シート角は73度とか。日本の「常識」とは逆の数字です。やはり彼らの筋肉量と体格ゆえに可能なことでしょう。

一般的に「女性用」フレームといって販売されているフレームは、だいたいヘッド角が寝ていて、ハンガー下がりが上がっているものが多いです。

前述の私の先輩ビルダーが言った言葉通りのフレームです。もしより楽チンな自転車をお探しでしたら、男性でも女性用に乗られたら良いと思います。(寸法ではなく、素材の違いで差別化をしているものもあるので、必ずしも女性用=寝ているではありませんが)

逆に走りに自信が出てこられた女性なら、女性用では物足りなく感じるものもありますので、ヘッド角、シート角、ハンガー下がりに気をつけて選んでくださいね。

さて、次回はフロントセンターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です