ZOZOスーツ

こんにちは、工場です。

世の中はお盆休みに突入のようですね。はい、もちろん働いております!

長期のお休み中は、ただ○○へ走りに行くというだけではなく、時にはじっくりとご自分のポジションと向き合ってみてはいかがでしょうか。

コンスタントに乗っていれば身体は2ヶ月で変わります。普段は忙しくてできなくても、今一度ゆっくり確認してみると発見があるかもしれません。

さて、何度も言っていることなので、「もう分かったよ」と、言われてしまいそうですが、オーダーフレームは身体の寸法だけに合わせているわけではありません。

自転車の使用目的・やりたいこと・その人の筋肉量、時には性格などを考えて作ります。

性格?と思われるかもしれませんが、それはとても大切です。例えばキレよく機敏な乗り味を求められた時、せっかちな人とそうでない人とでは、同じ「機敏」と言っても作る数字が変わるからです。この辺りの話は長くなるので、また今度にして…

この度わたくし、ミーハーながらこんなものを購入しました…。

DSC_3244 話題のゾゾスーツです。

あまりの人気で2ヶ月以上待ちました。一応ご説明しますと、このドット模様の「スーツ」を着て専用アプリで撮影をしますと、自分の寸法が細かくわかります。(このドットで数値を拾うのです)

このデータによって今後サイズ違いの買い物に泣くことなく、自分に合う洋服を購入できるというシロモノです。

ちなみにこの画像にある袋に入って配達されました。「あ、コイツ、ゾゾスーツ買ってる。ミーハーなやっちゃ。」と配達員の人から思われているんだろうなぁ、と思うとなんか恥ずかしいことこの上なしでした。

自転車にもこんなアイテムがあれば、あちこちいろいろと測らなくてもすぐ数字が出そうで便利でしょうね。あと数年もすれば、出てくるかもしれません。

まあ、とりあえず着る前にダイエットでもしますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です