基準は何でしょう?

こんにちは、工場です。

満開の桜に癒されて気分一新で出勤しますと、休み前にはなかったフレームが工場内にありました。

いや~な予感がしながら近づきますと…

DSC_2809 あ、左シートステーが「ぐきっ」となっています。

やはり落車です。左だけかと思いましたら…

DSC_2806 ××××…右もチェーンステー左右もバツ印です。

これは落車の後に「これもうダメですよ」という検車係からのしるしなんです。

これをつけられますと、この部分を「差し替え」といって新たに作り直すか、新車にしないとなりません。

今年に入ってから納車しましたので、まだ少ししか乗っていないフレームですが、こればかりは仕方ありません。

それにしてもトップチューブもかなりのダメージですが、バツ印がありませんのでこれは競走使用可能=いいようです。

DSC_2814 この反対側にもペコがあります。

私個人としては、肉厚が薄いこんなところ、しかも左右にベッコリある方が怖いのですが…。いまいち基準がわかりません。

ラグを削りまくっている訳ではないので、差し替え可能なのですが、ご本人は「縁起悪いし新車作ります」とのこと。

これも人によっては、「このケチがついたフレームでリベンジする!」という人もいます。

十人十色、多種多様、人の価値基準や考え方はいろいろです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です