もう一声!

こんにちは、工場です。

今日はこの冬一番の寒さと言われています。乾燥もひどく空気がパリパリです。扱っているものがものなだけに火の用心への心配りをしませんと。

さて、私がいつも通院しています病院は、駐輪場がありませんので、自転車はなんとなくガードレールに寄せてみなさん停めています。

違反行為なのでしょうが、言い訳をしますと、禁止の看板も見当たりませんし、街路樹よりも引っ込んでいて通行の妨げにもなっていなさそうですし、慣習というか今まで特にとがめられたことがないのをイイコトに停めていました。

すると、先日こんなものが自転車に…

DSC_2382 ありゃ!何年も通っていて初めてです。

秋の紅葉シーズンでピリピリしている時期なのかもしれません。趣味ではなく生活の足のママチャリですので、持って行かれたらとても困ります。

ですがこの貼られた警告シールを見ながら、もうちょっと、ねぇ、と思いました。

悪いのは私だというのは揺るぎようがない事実ですが、もし近くに駐輪場があるならその地図でも一緒に貼っておくとか、発展性のある注意の仕方をしてくれたらいいのに、と思うのです。

ネットで調べろ!という意見もあるでしょうが、全員がそのスキルがあるわけではありません。公共交通機関といっても京都は交通インフラがショボいので、それだけで目的地に行くのは案外大変です。

どんなことでも、いきなりダメとか反対とか頭ごなしに言うだけではなく、解決案や代替案などでスマートにルールを守らせる方向もあるのではないでしょうか?

プロ選手に作るフレームでも、不幸にして合わないこともあります。その時に「いや、ポジションをこうしたら」とか「これを使ってみたら」とかの「あと一声」があると、その後の関係性がぜんぜん違います。

いきなり「撤去するぞ、コラ」ではなく、もうあと一声を。いや、でもルール違反をして悪いのは私なんですけどね…(反省)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です