抜いちゃダメ?

こんにちは、工場です。

なんだか一気に冬が来ました。

突然ですが、東京の巣鴨というところに、高岩寺という病気平癒で有名なお寺さんがあります。地元では「とげぬき地蔵」と親しまれているお寺さんで、身体が弱かった私は、子供の頃よく連れていかれました。

今は布になっていますが、当時はタワシで自分の悪いところを清めるというか洗って?いました。ちなみに「とげぬき地蔵」ですが、願いをこめて洗う用のお像は、お地蔵様ではなく観音様です。お地蔵様では寸胴すぎて、どこが腰だかヒザだかお腹だかわからないからでしょうか?

そのお陰か、今こうして元気にフレームを作っていられますので、ありがたいことです。

さて所かわりまして京都の西陣には、とげどころかもっと太い、釘を抜く「釘抜き地蔵」なるお地蔵様がいらっしゃいます。石像寺というお寺さんで、絵馬も八寸釘と釘抜きがモチーフのインパクトあるビジュアルです。

id208img0002 これです。

「苦を抜く」から転じて釘抜きとなったようですが、人生の苦難をばんばん抜いてくれそうな頼もしさを感じます。

いやもう、フレームづくりが辛くて…という話ではなく、古いラレーをお預かりして芯だしをしながら思い出したことでした。

古いフレームで、特に海外のものは、仮付けを「ピンうち」と言って、ピンで仮止めをしています。仕上げをしてあるので、表からはほとんどわかりません。

ですが裏を見ると…

DSC_2181 肩とコラムが貫通されています。

ピンというか、もう丑の刻参りの五寸釘なみのオーラを感じます。日本人ならこうした見えないところも仕上げるのでしょうが、海外はこうした点はけっこうお構いなしでやりっぱなしです。

ロウ付けが終わっているので、処理をしたとしても問題はないのですが、職人の作業風景が見えるようなこうしたものは、人生の苦難と違って抜かない方が楽しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です