このハゲ~!ではなく、これ剥げ~

こんにちは、工場です。

前回「ぎっくり腰」になったことを書きましたが、こんな時に限って腰に負担がかかる作業ばかり舞い込んできます。腰は本当に何をするのにも要ですね。

先日、さらに腰をいじめる作業依頼が増えそうな、こんなムック本がえい出版より出ました。

DSC_2080 このテの本は一体何冊目でしょうね?

これだけ出版されるということは、やはりクロモリの人気がある証拠なのでしょうか。それにしてもよくネタがあるものだと感心します。

以前も少し書きましたが、クロモリフレームの強度は永遠ではありません。必ず劣化します。どうぞそれを忘れないでお楽しみくださいね。

そして少しでも違和感がありましたら、プロに判断してもらってください。

ちなみにもし、岩井商会へ持ち込まれるようでしたら、お手数ですがいらっしゃる前にご一報ください。競輪場へ行って留守にしていたり、作業中でしたりと、せっかくいらっしゃってもお話できないこともありますので。

ご自分で何もかもしたい!という趣味人な方は、気温が暑いうちに是非済ましておいたほうがいい作業があります。

DSC_2081 それは剥離です。

気温が高いほうがやりやすい作業です。

この本には「ビニール手袋、ゴーグルを装着しよう」と、小さい字でこっそり書いてある程度ですが、剥離剤は本当に気をつけてください。

試しに「剥離剤 危険」とかのワードを検索すると、剥離する気がなくなるような危険なことがたくさん出てきます。

新聞紙を下に敷けば大丈夫でしょ?なんて甘く見てはいけません。

その新聞紙にしみ込んだ薬剤は、アスファルトも溶かす勢いです。私は、室内でするとキツイので屋外でしていましたら、いつのまにか道路が…ハゲ~

ちなみにフレームの剥離は、お店に出すと7.000円~10.000円とられます。

作業されたことがない方は「え~?そんなにするの?」と、驚かれますが、したことがある方は、ほとんど何も言いません(笑)。

その意味は…どうぞお試しください。

しつこいようですが、くれぐれもお気をつけを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です